2018/05/31 06:00

少年ゲリラ兵、マラリア地獄、スパイ虐殺…ドキュメンタリー「沖縄スパイ戦史」7月公開

24万人余りが死亡した沖縄戦の真実に迫る (C)2018『沖縄スパイ戦史』製作委員会
24万人余りが死亡した沖縄戦の真実に迫る (C)2018『沖縄スパイ戦史』製作委員会

 [映画.com ニュース] 第二次世界大戦末期の沖縄戦の真実に迫ったドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」が、7月21日から沖縄・桜坂劇場ホールで先行公開された後、同28日から全国公開されることが決定。あわせて、「もう、忘れていいよ。わたしがここで、覚えてるから」というコピーが添えられたメインビジュアルと場面写真、予告編が一挙にお披露目された。

 民間人を含む24万人余りが死亡した沖縄戦。1944年の晩夏、大本営が下した遊撃隊の編成命令を受け、42名の「陸軍中野学校」出身者が同地へと渡った。身分を隠し、各地に潜伏した彼らは、10代半ばの少年たちを「護郷隊」として組織し“秘密戦”のスキルを仕込んでいく。少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺など、戦後70年以上語られることのなかった事実に焦点を当て、さらに現在南西諸島で進められている自衛隊増強とミサイル基地配備、「自衛隊法」「野外令」「特定秘密保護法」の危険性にメスを入れる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >