2018/06/01 08:00

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」監督、ハリウッドの男女ギャラ格差は「良くなっている」

ハリウッドでの男女格差の現状を告白
ハリウッドでの男女格差の現状を告白

 [映画.com ニュース] エマ・ストーンとスティーブ・カレルが共演した映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のティーチインイベントが5月31日、東京・渋谷のユーロライブで行われ、来日中のバレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン両監督が出席した。夫婦でもある2人が、米ハリウッドでの男女格差の現状や、平等な社会を実現するために必要な心構えなどを語った。

 「リトル・ミス・サンシャイン」「ルビー・スパークス」を手がけた両監督がメガホンをとった今作。1973年に世界的な注目を集めた「テニスの男女対抗試合」を題材に、29歳・現役世界チャンピオンの女性テニス選手ビリー・ジーン・キング(ストーン)と、元チャンピオンである55歳の男性選手ボビー・リッグス(カレル)の対決を描く。

 映画は、ビリー・ジーンが「男子選手と女子選手の賞金格差を是正しよう」と奮起するところから始まる。昨今はハリウッドでも男女のギャラ格差が問題となったが、ファリス監督は「(状況は)少しは良くなってきている気がします。私たちの映画では、主演2人の出演料は同じです」と話す。一方で「長編映画の監督は、まだまだ女性の比率が低い」としたうえで、「まだまだ戦いを続けていかなくては。ビリー・ジーンは色んな意味での公平さを目指して戦っていたので、ぜひそういうことを映画から感じてほしい」と呼びかけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >