2018/06/01 12:00

「寝ても覚めても」東出昌大&唐田えりかの“カンヌ滞在記” アクシデント連発も南仏を満喫

(C)KAZUKO WAKAYAMA
(C)KAZUKO WAKAYAMA

 [映画.com ニュース] 芥川賞作家・柴崎友香氏による恋愛小説を映画化した「寝ても覚めても」が、第71回仏カンヌ国際映画祭(現地時間5月8~19日開催)のコンペティション部門に出品された。主演の東出昌大&唐田えりか、商業デビューを飾った濱口竜介監督は、同13~18日にカンヌ入り。連発したアクシデントにめげず同映画祭を満喫した、3人の“カンヌ滞在記”をお届けする。

 5月13日の朝、東出と唐田はカンヌの地に降り立った。翌日に歩くレッドカーペットや、映画祭メイン会場「パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ」を見学後、カフェのテラスでランチを食べていると、最初の“洗礼”が2人を襲う。晴れ渡る南仏の空というイメージとは真逆の、突然の大雨。翌日の天気予報も雨だという。あまりの出来事に東出は大笑いだったが、果たしてレッドカーペットイベントの命運やいかに……。同日午後には濱口監督も到着し、合流した3人は、本作海外セールスを担当した「mk2」のオフィスを訪問した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >