2018/06/01 19:00

「ドキュメンタリー制作者は皆、悪人である」 是枝裕和&想田和弘が背負う“被写体への責任”

プライベートでも親交の深い 是枝監督(左)と想田監督
プライベートでも親交の深い 是枝監督(左)と想田監督

 [映画.com ニュース] 是枝裕和監督と想田和弘監督が、都内某所で顔を合わせた。日本映画専門チャンネルで放送される、対談番組収録のためだ。収録後の2人が映画.comのインタビューに応じ、ドキュメンタリー制作者が背負う“十字架”について語った。

 互いの最新作「万引き家族」(6月8日)、「ザ・ビッグハウス」(同9日)の公開が重なるめぐり合わせもあり、今回の対談が実現。日本映画専門チャンネルでは、6月2日に2人が「ドキュメンタリーと劇映画」などをテーマに語る様子が放送されるほか、是枝監督によるドキュメンタリー「しかし… 福祉切り捨ての時代に」(1991)、「彼のいない八月が」(94)や、想田監督の短編劇映画、そして観察映画「選挙」(2007)、「選挙2」(13)などを放送する。

 是枝監督はTVプロダクションでドキュメンタリー番組を制作した後、95年に「幻の光」で映画監督デビュー。「万引き家族」が第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞するなど、世界的な評価を受け続けている。一方の想田監督は、東京大学卒業後の93年、フィクションの手法を学ぶために渡米。ニューヨークにていくつかの短編映画を撮影した後、2000年代からドキュメンタリー制作に傾倒していった。予断と音楽とナレーションを排した「観察映画」を打ち出し、独自の視点で世界を見つめている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >