2018/06/02 17:16

松岡茉優、不遇の時期乗り越え「万引き家族」で“チャプター2”へ

 [映画.com ニュース] 第71回カンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを獲得した是枝裕和監督作「万引き家族」の特別講義が6月2日、東京・新宿区の早稲田大学で行われた。出演した松岡茉優が、同大学の基幹理工学部表現工学科で教授を務める是枝監督とともに登壇。学生約500人を前に、これまでのフィルモグラフィや今作について語った。

 映画は、万引きで生計を立てながら東京の片隅に暮らす“家族”の切実な絆を描き出す。その表現力が映画人から高く評価され続け、今作ではJK見学店でのバイトに励む亜紀役に扮した松岡。「『勝手にふるえてろ』と今作では、演技設計は違う?」と問われると、「私は不遇の子役・女子高生時代を過ごしていて。同世代が主演をやっていくのを見て、苦虫を噛みまくっていました。その時からお芝居に対して『こうしたほうが効果的だ』など、固い考え方が私の中にめぐっていました。それの最終形態が『勝手にふるえてろ』です」と切り出し、「『万引き家族』では、ちょっとでも作為的な何かが出ると、1回もOKがでなかった。今までの経験は捨てるしかなく、“私”本体でいるとOKが出たんです。初めてでした」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >