2018/06/04 22:45

“裏コロッケ”滝川広志「役者としてスタート切れた」、美川憲一からの称賛には恐縮

舞台挨拶に立った滝川広志
舞台挨拶に立った滝川広志

 [映画.com ニュース] ものまねタレントのコロッケが、本名の「滝川広志」として映画に初主演した「ゆずりは」の完成披露試写会が6月4日、都内のホールで行われた。

 葬儀社のベテラン営業部長として遺族と真摯に向き合う役どころのコロッケは、持ち前の芸を完全に封印し、「38年間、騒ぐのが好きだった人間が、全く動かないちゃんとした役。ストレスがたまりまくった」と告白。しかしこの日の舞台挨拶では、事前に司会者に入れ知恵し、武田鉄矢のものまねで始めて笑いをとるプライドをのぞかせた。

 出演に際し、加門幾生監督からのリクエストはもみあげをそる、メガネを外す、やせるの3点。実際にクランクイン前には7キロ減量したが、「ストレスがたまると食べたくなる。いけないと思うと余計ストレスがたまる。とにかく我慢でした」と振り返った。

 それでも、「一切ふざけていませんので、裏コロッケというか、いつもとは違う部分を見ていただけたら」と謙虚に期待。その上で、「今思い出しても大丈夫かなあと緊張するけれど、思ったよりもちゃんとしていた。役者としてのスタートが切れた」と胸を張った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >