2018/06/05 09:00

「空飛ぶタイヤ」では富山弁! 佐々木蔵之介の“方言キャラ”をプレイバック

「空飛ぶタイヤ」ではキーパーソンに! (C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
「空飛ぶタイヤ」ではキーパーソンに! (C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

 [映画.com ニュース] 「TOKIO」の長瀬智也主作「空飛ぶタイヤ」は、突然起きたトレーラーの脱輪事故によって整備不良を疑われた運送会社社長が、大企業に立ち向かいながら真実を追求するさまが描かれる“大逆転”エンタテインメントだ。物語の鍵を握るのは、佐々木蔵之介扮する富山ロジスティック元整備課長・相沢寛久。様々な“方言キャラ”を演じてきた佐々木は、本作では流暢な富山弁を披露している。

 佐々木の“方言キャラ”で印象的なものといえば、「超高速!参勤交代」で演じた内藤政醇(ないとう・まさあつ)だ。磐城国(福島県)を舞台に、突然幕府から参勤交代を命じられた弱小貧乏藩が、あの手この手を使って成し遂げようと奮闘する姿を描いており、劇中では「んだんだ」「~だべ」という福島弁が飛び交っている。“超”がつくほどお人好しの政醇に扮した佐々木も「本当に福島県民だったのでは!?」と錯覚するほどの“ズーズー弁”を話している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >