2018/06/06 09:00

行定勲監督、映画版「焼肉ドラゴン」は「未来に向けて放たれている」

鄭義信監督と行定勲監督
鄭義信監督と行定勲監督

 [映画.com ニュース] 劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲を映画化した「焼肉ドラゴン」の試写会が6月5日、東京・ニッショーホールで開催。鄭監督と、かねてより親交のあった行定勲監督が、上映後のトークショーに登壇した。

 「7~8年前、鄭さんに大作映画の脚本をお願いしました。脚本は完成したんですが、『これでいけるぞ!』という段階の1週間前に企画がポシャってしまった。素晴らしい脚本が残っているので諦めたわけじゃないです」と鄭監督との関係性を明かした行定監督。韓国・第19回全州国際映画祭のオープニング作品として上映された際に「とにかく、今、見るべき映画であることは確かだ」とコメントしており、トーク時には「2回見るととんでもないことになる」と語るほど、鄭監督の手腕を絶賛した。

 「舞台版の感動を超えられるのだろうかと余計な心配をしていました」と振り返った行定監督は、「(映画版の)監督が鄭さんで良かった。他の監督が受けたら、その人は大丈夫かなと思うほど。僕にオファーが来たら『自信がない』とすぐに断る」と告白。さらに「映画は“過去”である記憶から生み出される。それを数年経って“今”作るんです。“今”撮るんだけど、優れた映画は“未来”に向けて放たれる」と本作に備わっている魅力を解説する。そして、話題は“在日”という要素を持った自作「GO(2001)」へと発展した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >