2018/06/08 23:15

山崎賢人、感慨無量!「羊と鋼の森」原作者の手紙に言葉詰まらせ「嬉しいです」

舞台挨拶に出席した山崎賢人
舞台挨拶に出席した山崎賢人

 [映画.com ニュース] 宮下奈都氏の小説を山崎賢人主演で映画化した「羊と鋼の森」が6月8日、全国320スクリーンで封切られ、山崎と共演の鈴木亮平、上白石萌音・上白石萌歌姉妹、光石研、三浦友和、橋本光二郎監督が東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に出席した。

 2016年本屋大賞第1位に輝いた同名小説を、「orange オレンジ」でも山崎とタッグを組んだ橋本監督が映画化。ピアノの調律師・板鳥宗一郎(三浦友和)との出会いを機に、調律師の仕事に魅せられた青年・外村直樹(山崎)が、悩み、迷い、挫折を経験しながら成長していく姿を描いた。

 主演として最初に挨拶をした山崎だったが、「去年の冬に撮影してまして、本当に悩みながら、でも楽しくこの撮影を北海道でしていました。そうですね……。(観客の感想が)どうだったんだろうなって気になるんですけど……本当に今日は嬉しく思います(笑)」と纏まらない挨拶に自分でクスリ。隣にいた鈴木に「今、山崎賢人が小声で『ダメだ~調律しないと~!』って言ってました(笑)」と暴露され、「『コメント力調律してきた』って言ってたよね!? 調律できてた!?」と問われると「できてなかったです(笑)!」と残念そうに答え、会場の笑いを誘った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >