2018/06/09 19:00

群馬・渋川出身の渋川清彦&飯塚健監督、同郷タッグのコメディ「榎田貿易堂」続編作りたい

実力派が勢ぞろい
実力派が勢ぞろい

 [映画.com ニュース] 群馬県渋川市出身の渋川清彦と飯塚健監督が“同郷タッグ”を組んだ「榎田貿易堂」の初日舞台挨拶が6月9日、東京・新宿武蔵野館で行われ、渋川、森岡龍、伊藤沙莉、滝藤賢一、余貴美子、片岡礼子、三浦俊輔、キンタカオ、飯塚監督が勢揃いした。

 “ゴミ以外は何でも買います”というのが信条のリサイクルショップ「榎田貿易堂」に絡むダメな大人たちが織りなす、ひと夏の騒動を描くヒューマン・コメディ。「虹色デイズ」(7月6日公開)の飯塚監督がオリジナル脚本を手がけ、全編渋川市でロケした。

 店主役の渋川は「プロデューサーが群馬出身で、飯塚監督と引き合わせてくれました。監督とは高校が一緒。小学校も低学年まで一緒。(芸名を)渋川とつけるくらい渋川市は好きなんで、俺もプロデューサーみたいな気持ちでやりました。撮影しているところは駅前ではなく、ローカル、アンダーグラウンドなところばかり。ああいう場所を見てもらったのもよかった。盛り上がったら次もできるんで、よろしくお願いします」と続編の製作を熱望。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >