2018/06/10 15:33

両親から捨てられた少女映したポーランドのドキュメンタリー「祝福」監督と呉美保監督が対談

アンナ・ザメツカ監督と呉美保監督
アンナ・ザメツカ監督と呉美保監督

 [映画.com ニュース]山形国際ドキュメンタリー映画祭2017のコンペティション部門で大賞を受賞したポーランドのドキュメンタリー「祝福 オラとニコデムの家」の試写会イベントが6月7日都内であり、来日したアンナ・ザメツカ監督と「きみはいい子」の呉美保監督が対談した。

 映画は、母が家出し、酒で問題を抱える父親と、自閉症の弟を抱え、大人に守られることなく必死に生きる少女オラの姿を追ったもので、弟がカトリックの聖体式に臨むまでの過程を映す。

 呉監督は本作に深い感銘を受けたといい、オラの強さは「信仰を持っているからでしょうか?」とザメツカ監督に尋ねる。「オラは信仰深いのではなく、むしろ神の存在を疑っている女の子。もし、神が本当にいれば、私たちをこのような状況に追いやらないだろうと考えているのです。彼女にとって、洗礼式は家族が再び出会うためのきっかけ、母親と再会することができるのではと思っているのです」と述べ、「なぜ私がこの映画で聖体式を中心においたかというと、これを中心に物語のナレーションとして、子どもから大人へ移行していく象徴として扱おうと思ったのです」と説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >