2018/06/11 05:00

村上虹郎×広瀬アリス×武正晴監督! 中村文則デビュー作「銃」映画化

今秋に全国公開 (C)吉本興業
今秋に全国公開 (C)吉本興業

 [映画.com ニュース] 芥川賞作家・中村文則氏のデビュー作を、「百円の恋」「嘘八百」の武正晴監督のメガホン、奥山和由プロデューサーによる企画・製作で映画化する「銃」が、今秋に公開されることが決定。あわせて、キャストも発表され、主演を村上虹郎、ヒロインを広瀬アリスが務め、リリー・フランキー、日南響子、新垣里沙、岡山天音らが共演することがわかった。

 友人たちと青春を謳歌している大学生・西川トオル(村上)は、その心の内に河原で偶然拾った銃への高揚を秘めていた。大切に家に保管していた銃を持ち歩いてみると、緊張とスリルは増幅し、満ち足りた感覚に酔いしれる。同じ大学に通うヨシカワユウコ(広瀬)にも興味はあるが、日を追うごとに、圧倒的な存在感を放つ銃に魅了されていくトオル。やがて、刑事(リリー)の突然の訪問を契機に、精神的に追い込まれてしまったトオルは、ある決断を下す。

 銃に心奪われ、徐々に狂気に染まっていくトオル役の村上は「監督と1ミリのズレもなく同調し築きあげた“私”役という存在を武組のみなさんに切り撮っていただきました」と充実の撮影を述懐。「奥山和由さんプロデュースのもと、中村文則さんの第一子にして宝物のような“銃”を最高の形でみなさまに届ける事ができると思います。ご期待ください」と自信をにじませている。一方、広瀬は自身の役どころについて「作品の中では唯一救いの手を差し伸べるような、平和な空気を感じさせてくれる存在」と説明。「そうであるために、撮影の時は村上虹郎くんとはあまり会話をせず、2人の無言の空間をとても大事にしていました」とこだわり抜いたようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >