2018/06/11 20:56

綾野剛、主演「パンク侍」は“脳内破壊映画” 宣伝不可能の物語に「正直、困ってます」

宣伝不可能の物語
宣伝不可能の物語

 [映画.com ニュース] 芥川賞作家・町田康氏の異色時代小説を映画化した「パンク侍、斬られて候」の完成披露舞台挨拶が6月11日、東京・ディファ有明で行われ、主演の綾野剛をはじめ共演の北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、若葉竜也、近藤公園、國村隼、豊川悦司、脚本の宮藤官九郎、メガホンをとった石井岳龍監督が出席した。

 「くっすん大黒」「きれぎれ」などで知られる町田氏が2004年に発表した同名小説を素に、“超人的剣客”を自称する掛十之進(綾野)が、自ら招いた大惨事に七転八倒するさまを描く。綾野は「皆様が無事に帰れるか不安。これから、脳内破壊映画を見ていただきます」と観客の期待をあおり、今作を“宣伝不可能”と形容したうえで「今日、取材やテレビでの番宣をさせていただいたにもかかわらず……。宣伝不可能な映画で、正直、困ってます」と苦笑を浮かべた。

 それでも、豪華キャストが集った理由を「町田康さんの原作を、宮藤官九郎さんが脚本、石井岳龍さんが監督すると言うだけで十分。間違いなく劇薬になることはわかっていました」とニヤリ。続けて「今回メインキャストは12人。一人ひとりのパンク精神をそのまま作品に持ち込んだ」と明かし、北川は「猿を抱くシーンで、こんなにかわいいんだって思った。パンクな映画ですが、猿のブロックは癒やされました。女性には響くと思います」と女性目線でアピールしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >