2018/06/11 21:23

池田エライザ、オダギリジョーの不可解な“ペン消失”に爆笑

舞台挨拶に立った池田エライザら
舞台挨拶に立った池田エライザら

 [映画.com ニュース] 「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015」で準グランプリに輝いたオリジナルストーリーを映画化した「ルームロンダリング」の完成披露試写会が6月11日、東京・ニッショーホールで行われ、主演の池田エライザ、共演のオダギリジョー、渋川清彦、健太郎、メガホンをとった片桐健滋監督が、上映前の舞台挨拶に登壇した。

 18歳で天涯孤独になってしまった御子(池田)のもとに、母親の弟である雷土悟郎(オダギリ)が現れ、住居とアルバイトを用意してくれた。しかしそのバイトとは、事故物件に住み、不動産の報告義務を解消させるもの。ワケあり物件を転々とするなか、御子は部屋に居座る幽霊が見えるようになり、彼らの無念を晴らそうと奔走し始める。

 「ロンダリング=浄化、洗浄」にいう点にちなみ「浄化してみたいことは?」という質問が投げかられると、池田は「邪念」と回答。「過去の出来事に関して“浄化したい”と思うものはあまりないんです。振り返ってみて恥ずかしいことはあるんですけど、それはその時『自分がこうしたい』と思ってやったことだから」と前置きしてから「これからの自分が想像できない場所に立って、何かに目がくらんでしまいそうになった時、常にロンダリングしてクリアでいたいな」と明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >