2018/06/12 07:00

Mrs. GREEN APPLEの主題歌が彩る“期間限定の恋” 葵わかな×佐野勇斗「青夏」予告完成

Mrs. GREEN APPLEは、井上苑子と コラボした挿入歌も制作 (C)2018 映画「青夏」製作委員会
Mrs. GREEN APPLEは、井上苑子と コラボした挿入歌も制作 (C)2018 映画「青夏」製作委員会

 [映画.com ニュース] 南波あつこ氏の人気漫画を、葵わかなと佐野勇斗の主演で映画化する「青夏 きみに恋した30日」の予告編が、このほど公開された。人気ロックバンド「Mrs. GREEN APPLE」が書き下ろした主題歌「青と夏」が、初披露となった本編シーンを鮮やかに彩っている。

 映画は、夏休みを田舎で過ごすことになった都会育ちのイマドキ女子と、地元のクール系イケメンの恋模様を描く。夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった理緒(葵)は、地元の高校生・吟蔵(佐野)と出会う。夏休みが終われば離ればなれとわかっていても、理緒は少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に一瞬で恋に落ち、吟蔵もまっすぐな理緒にひかれていく。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に思いを寄せる祐真(岐洲匠)らも巻き込み、2人の恋はどんどん加速していく。

 予告編は、運命の恋を信じる理緒が、夏休み期間中に過ごす村へやってきた光景からスタート。橋の上から澄みきった川へダイブしたり、浴衣姿でお祭りや打ち上げ花火を楽しむなど、夏ならではのイベントに笑顔を見せる理緒と吟蔵。だが、2人の恋は期間限定だ。「なんでキスしてくれないの?」という理緒の問いかけに、吟蔵は「夏休みが終わっても一緒にいていいなら、もうとっくに――」と複雑な心境を吐露。そして、帰宅しようとする吟蔵に対して「帰ったら、夏休みまた減っちゃうんだよ!」と理緒が言葉を投げかけるシーンが、迫りくる夏の終わりを予感させている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >