2018/06/12 09:00

初代ボンドガール、ユニス・ゲイスンさんが90歳で死去

シリーズ1作目「007 ドクター・ノー」に出演 写真:PictureLux/アフロ
シリーズ1作目「007 ドクター・ノー」に出演 写真:PictureLux/アフロ

 [映画.com ニュース] 人気スパイ映画「007」シリーズの初代ボンドガールとして知られる英女優ユニス・ゲイスンさんが6月8日(現地時間)に死去したと、米ハリウッド・レポーターなどが報じた。享年90歳だった。

 ゲイスンさんのTwitterアカウントで6月9日に告知されたもの。死因は明らかにされていない。ボンド映画のプロデューサーを務めるマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリが、「まさしく最初の“ボンドガール”であり、『007は殺しの番号』と『007 危機一発』でシルヴィア・トレンチを演じたユニス・ゲイスンさんが亡くなったと知り、非常に残念です。ご遺族の皆さまにお悔やみ申し上げます」と共同で声明を発表した。

 ゲイスンさんは、「007」シリーズ第1弾「007は殺しの番号」(62・現題「007 ドクター・ノー」)でショーン・コネリーと共演し、後々まで受け継がれるジェームズ・ボンドの名ゼリフ「…Bond, James Bond」(名前はボンド。ジェームズ・ボンド)を引き出すセリフを担当したことで知られる。続編「007 危機一発」(63・現題「007 ロシアより愛をこめて」)にもシルビア役で出演した。

 1928年にイギリス・サリー州にうまれたゲイスンさんは、舞台女優としてキャリアをスタートさせ、古典的ホラー映画の名門ハマー・フィルムの「フランケンシュタインの復讐」(58)などに出演。「007 ロシアより愛をこめて」を最後に銀幕を去り、その後はテレビシリーズ「セイント 天国野郎」や「おしゃれ(秘)探偵」などに出演した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >