2018/06/12 17:00

今だから見ておきたい、北朝鮮に関する映画5本

「北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ」 は7月14日から全国で公開。 (C)VFS FILMS / TRAAVIK.INFO 2016
「北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ」 は7月14日から全国で公開。 (C)VFS FILMS / TRAAVIK.INFO 2016

 [映画.com ニュース] 6月12日、トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による、歴史的な米朝首脳会談が実現した。一般的に「謎のベールに包まれた国」と称される北朝鮮だが、実はこの国に関する映画は意外に多い。ここでは、北朝鮮のお国柄を掘り下げるのに役立つ、映画.com編集部が選んだ映画を5本紹介しよう。

 まず1作目は「金日成のパレード  東欧の見た“赤い王朝”」。こちらは、1989年にポーランドの映画スタッフによって製作されたドキュメンタリー。隣国・韓国でソウルオリンピックが開催された88年、これに対抗するべく平壌で行われた朝鮮民主主義人民共和国の建国40周年記念式典の模様を記録している。100万人が一糸乱れぬ壮大なパレードを行う模様が圧巻。建国の指導者・金日成(キム・イルソン)を神格化する北朝鮮社会の姿を、逆説的に明らかにしていく。日本では91年に劇場公開された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >