2018/06/13 09:00

ウッディ・アレン監督作人気ランキングNo.1は「あの作品」だった!

アカデミー賞脚本賞作「ミッドナイト・イン・パリ」 (C)2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.
アカデミー賞脚本賞作「ミッドナイト・イン・パリ」 (C)2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.

 [映画.com ニュース] ケイト・ウィンスレットとウッディ・アレン監督の初タッグ作「女と男の観覧車」の公開を記念し、東京・新宿ピカデリーでアレン監督作の特集上映が開催されることとなり、公式サイトでのファン投票の結果、上位3作品が上映されることになった。

 2010年以降に製作されたアレン監督作7作品を対象に行われたファン投票は、総数727票。その約44%にあたる318票を獲得するダントツの人気で、第84回アカデミー賞でアレン監督が3度目の脚本賞に輝いたオーウェン・ウィルソン主演作「ミッドナイト・イン・パリ」が第1位に輝いた。「梅雨の季節になると、この映画をついつい見たくなる」「もう一度スクリーンで見たい」という熱いファンの思いも寄せられた。

 第2位は、第86回アカデミー賞でケイト・ブランシェットを主演女優賞に導いた「ブルージャスミン」で106票。第3位には、コリン・ファースとエマ・ストーンが共演したロマンティック作「マジック・イン・ムーンライト」が99票で続いた。以下、第4位「カフェ・ソサエティ」、第5位「ローマでアモーレ」、第6位「恋のロンドン狂想曲」、第7位「教授のおかしな妄想殺人」という結果となっている。

 「ミッドナイト・イン・パリ」「ブルージャスミン」「マジック・イン・ムーンライト」の上映が決定した特集上映は、6月18日から22日にかけて新宿ピカデリーで開催。アレンの監督第49作目(短編、テレビシリーズを除く)となる「女と男の観覧車」は、6月23日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >