2018/06/14 05:00

吉沢悠主演のサーフィン映画がクランクアップ!大杉漣さんの魂引き継ぐ“重責”も告白

種子島・鉄浜海岸で写真撮影 (C)2018「Life on the Longboard 2ndWave」 製作委員会
種子島・鉄浜海岸で写真撮影 (C)2018「Life on the Longboard 2ndWave」 製作委員会

 [映画.com ニュース] 故大杉漣さんが主演したサーフィン映画「ライフ・オン・ザ・ロングボード」(2005)の続編「ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave」が6月12日、鹿児島県内でクランクアップを迎えた。“サーフィンの聖地”と称される、同県種子島でのロケが大半を占めた今作。主演を務めた吉沢悠は、約2週間にわたる撮影を終え「大杉漣さんの魂を引き継ぐプレッシャーとともに、(主人公の)光太郎としてどのようにこの映画に貢献できるかをずっと考えていましたが、皆さんの力のおかげでここまで無事に来られてホッとしています」と充実の様子で明かした。

 前作は「ヨコハマ物語」などで知られる喜多一郎監督がメガホンをとり、定年後に突然サーフィンに目覚め、種子島に移り住んだ中年男性・米倉一雄(大杉さん)の第2の人生を爽やかに描いた。今作はその13年後、一流サーファーの梅原光太郎(吉沢)が自身の性格が災いし住居を追われ、かつて自分を愛弟子のように可愛がってくれたサーファー・工藤銀二を頼って種子島にやってくる。ところが銀二はすでに死去しており、出迎えてくれたのは娘の工藤美夏(馬場ふみか)。邪険に追い払われた光太郎だったが、目の前には“最高の波”を予感する美しい海が広がっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >