2018/06/14 15:45

ハリウッド版「銃夢」本編映像が日本で“世界初上映” プロデューサーが製作秘話明かす

プロデューサーのジョン・ランドー氏が来日
プロデューサーのジョン・ランドー氏が来日

 [映画.com ニュース] 日本のSFアクション漫画「銃夢(ガンム)」をジェームズ・キャメロンが製作・脚本を兼ね映画化する「アリータ バトル・エンジェル」のフッテージ上映付きプレゼンテーションが6月14日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、プロデューサーのジョン・ランドー氏が出席。物語が生まれた日本で、本編映像の一部がメディアに向け“世界初上映”された。

 木城ゆきと氏の原作「銃夢(ガンム)」は、ゴミやスクラップが堆積したクズ鉄町を舞台に、医師イド・ダイスケによって瓦礫(がれき)のなかから助け出されたサイボーグ少女ガリィが、賞金稼ぎとして戦いながら生きる意味を見いだしていく物語。映画版は記憶を無くしたサイボーグ少女アリータが自らの戦闘能力に気づき、出生の秘密を探るとともに、腐敗した世界を変えようと行動する姿を描く。

 「アバター」「タイタニック」などで知られるキャメロンが原作に惚れ込み、15年以上前から映画化を切望してきたという今作。ランドー氏は、製作経緯を「1999年にこの漫画を初めて知り、キャメロンも私も心を鷲掴みにされた。そこでキャメロン自身が監督するために権利を獲得した」と明かす。その後、キャメロンは「アバター」製作のため今作のプロジェクトを一旦休止させ、メガホンは「シン・シティ」などのロバート・ロドリゲス監督に移ったが、ランドー氏は「『アバター』を先につくることで、そこから(3Dやパフォーマンスキャプチャーなどの)技術を学び、『アリータ』をより良い映画にしようと考えた。そして、実際にそうなっている」と説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >