2018/06/15 13:00

水川あさみ、濃密な濡れ場に挑んだ理由 そして30代半ばの今、感じることとは

大胆な性描写を演じた
大胆な性描写を演じた

 [映画.com ニュース]WOWOWの連続ドラマ「ダブル・ファンタジー」で、濃密な官能シーンにひるむことなく身を投じた女優・水川あさみが、映画.comのインタビューに応じた。「間違いなく私は淫乱です」と性欲に忠実に生き、男性たちと体を重ね続ける主人公に扮した水川。30代も半ばを迎え、女性としても女優としても円熟期に至ろうとする今、本作に参加した理由は「チャレンジ」だという。その言葉は、「大胆な性描写を演じること」にも、「社会を覆う表現の規制」に対しても向けられていた。

 直木賞作家・村山由佳氏による同名小説が原作。35歳の人気脚本家・奈津(水川)は、夫・省吾(眞島秀和)が仕事に関与することや、実母から不妊治療を勧められることに嫌気がさしていた。そんななか舞台演出家・志澤(村上弘明)に新作公演へ招待され、それを機に一夜をともにする。本能に突き動かされるままに家を出た奈津だったが、志澤からは思わぬ仕打ちを受け、孤独感に苛まれていると、大学時代の元恋人である新聞記者・岩井(田中圭)と再会。さらには新進俳優・大林(柳俊太郎)からも言い寄られ、次第に奈津は性欲の渦に落ちていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >