2018/06/15 16:00

深田晃司監督、密接な関係を築いたフランスの芸術文化勲章「シュバリエ」を受勲

 [映画.com ニュース]深田晃司監督が6月15日、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで行われたフランス芸術文化勲章「シュバリエ」叙勲式に出席した。会場となったシアター・イメージフォーラムは、フランス・ナント三大陸映画祭グランプリ「金の気球賞」と「若い審査員賞」を受賞した「ほとりの朔子」の封切り館というゆかりの深い場所。深田監督が敬愛する寺山修司の名が付けられた同施設のホールで式典は行われた。

 1980年生まれの深田監督は、01年の自主映画「椅子」で初メガホンをとり、06年にはバルザックの短編小説を基にした「ざくろ屋敷 バルザック『人間喜劇』より」を製作。10年の「歓待」で第23回東京国際映画祭「ある視点」部門作品賞を受賞、その後「ほとりの朔子」「さようなら」といった話題作を発表し続け、浅野忠信が主演した「淵に立つ」では、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を獲得した。現在、ディーン・フジオカ主演作「海を駆ける」が全国公開されており、最新短編作品「ジェファソンの東」が上映される「深田晃司映画まつり2018」が、6月16日~29日にシアター・イメージフォーラムで開催される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >