2018/06/16 09:00

ジュリエット・ビノシュ、「Vision」河瀬直美監督の現場で最も感銘を受けたのは?

日本にゆかりのある作品に多く出演
日本にゆかりのある作品に多く出演

 [映画.com ニュース]河瀬直美監督の最新作「Vision」(公開中)で永瀬正敏とダブル主演を飾ったオスカー女優ジュリエット・ビノシュが、公開にあわせて来日。映画.comのインタビューに応じ、本作の舞台裏や役作りについて語った。

 フランス人エッセイストのジャンヌ(ビノシュ)は、幻の植物“Vision”を探して、アシスタントの花(美波)とともに奈良・吉野を訪れ、山間に暮らす山守の男・智(永瀬)と出会う。智は、山で自然とともに暮らす老女アキ(夏木マリ)からジャンヌとの出会いを予言されており、2人は文化や言葉の壁を超えて次第に心を通わせていく。そんななか、智の前に謎の青年・鈴(岩田剛典)が現れたことで、運命の歯車が動き出す。

 「GODZILLA ゴジラ」や「ゴースト・イン・ザ・シェル」に出演し日本との関わりも深く、カンヌ国際映画祭の最高賞を受賞した「万引き家族」の是枝裕和監督と次回作でタッグを組む予定のビノシュは、「日本という国は、伝統を大事にしている。日本は高度経済成長期を経て、今や世界的にも発展した国の1つだけれど、精神的なものを大切にしていると思うわ」と日本の印象をよどみなく語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >