2018/06/19 12:00

木竜麻生&東出昌大“嘘なき芝居”を映した「菊とギロチン」支援者に感謝!

20人以上が結集!
20人以上が結集!

 [映画.com ニュース] 瀬々敬久監督が8年ぶりに自身の企画によるオリジナル映画としてメガホンをとった「菊とギロチン」の特別試写会が6月18日、東京・渋谷のユーロライブで行われた。瀬々監督は、木竜麻生、東出昌大、渋川清彦、嘉門洋子、大西礼芳、仁科あい、大西信満、川瀬陽太らとともに、上映後の舞台挨拶に立った。

 舞台は大正末期、不穏な空気が漂う関東大震災直後の日本。力自慢の女力士のほかにも、元遊女や家出娘が集った女相撲の一座「玉岩興行」と、アナキストグループ「ギロチン社」が強く結びついていくさまを描き出す。この日会場に集った観客の多くは、本作を後押ししたクラウドファンディングの支援者たち。瀬々監督は「今回の試写が、一般の方々に見て頂く“スタート”となります。皆様のおかげで完成し、この場で話すことができています。本当にありがとうございました!」と謝意を示していた。

 瀬々監督の呼び込みを受けて、ステージに姿を現したキャストたちは一様に興奮の面持ちだ。「映画は見て頂くことで“映画”になります。ご支援いただいたことで、多くの方に見て頂けるはず」(仁科)、「天国と地獄のような現場だったんですが、私たちがそこに立てるのは支援してくださる方がいてくれるおかげです」(嘉門)、「私はこういう映画に出たくて役者をやっていたんだと思いました。役者人生でそう思えることは幸せです」(大西礼)、「なかなかこういう現場には出合えない。こういう作品に関われるからこそ、俳優を続けられる」(大西信)と挨拶するなか、和田光沙は「瀬々監督に唯一褒められた」というシコを披露。場内に響き渡る「ヨイショー!」の掛け声に触発された渋川も「俺も初めてシコを踏みます」と地響きを鳴らし、客席を沸かせていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >