2018/06/21 12:00

クリス・プラットが現場突撃インタビュー!「ジュラシック・ワールド」特別映像公開

前作で人気を博した恐竜“ブルー”との絆も再び! (C)Universal Pictures (C)Jaimie Trueblood
前作で人気を博した恐竜“ブルー”との絆も再び! (C)Universal Pictures (C)Jaimie Trueblood

 [映画.com ニュース] 巨匠スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務め、「インポッシブル」「怪物はささやく」のフアン・アントニオ・バヨナ監督がメガホンをとった大ヒットシリーズ最新作「ジュラシック・ワールド 炎の王国」の特別映像が、公開された。前作に続き主人公オーウェンを演じるクリス・プラットが撮影スタッフに突撃インタビューする、ユーモアあふれるものとなっている。

 冒頭で映し出されるのは、本作で初登場する恐竜保護グループのスタッフ、フランクリンとジアをそれぞれ演じたジャスティス・スミスとダニエラ・ピネダ。プラットとともに第1作「ジュラシック・パーク」公開当時の思い出を語り合うと、プラットのスタッフインタビューがスタートする。

 最初に登場するスタッフは、スクリプターのケリー・クリーグ。「脚本に関わる何でも屋よ」と自身の仕事を解説。「ドイツのファンに何と言えばいい?」というプラットの無茶振りにも笑顔で対応し、母国であるドイツ語をレクチャー。「次、会うときはドイツ語ペラペラだ」と豪語するプラットにハグされる一面も。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >