2018/06/21 18:00

荒木飛呂彦、30周年「ジョジョ」大型原画展開催に寄せ「漫画界に感謝したい」

大阪でも11月から開催される
大阪でも11月から開催される

 [映画.com ニュース] 漫画家・荒木飛呂彦氏の原画展「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」の会見が6月21日、東京・六本木の国立新美術館で行われた。荒木氏は、大勢の報道陣を前に緊張の面持ちで出席。「『ジョジョ』の連載が始まってから30周年。(本展は)集大成です。国立美術館で開催できること、誠に光栄に思います。国の文化として、何かお役に立てるならものすごく嬉しい」と挨拶し、「漫画界に感謝したいと思います。手塚先生をはじめ先輩方の助言や作品がなければ、『ジョジョ』は影も形もなかった。また、私より年齢が下の漫画家さんたちが盛り上げてくれているので、今回の開催があると思います」と深い感謝を示した。

 シリーズの世界累計発行部数1億部を誇る「ジョジョの奇妙な冒険」を題材にした大型展覧会で、国立美術館で存命の漫画家の個展が開催されるのは初。荒木氏は、本展には若い人々への思いを込めたそうで、「中学生以下の皆様は入場が無料ということで、ぜひ見ていただきたい。印刷とは違ったものが、原画には必ずあります。若い人たちの勉強や将来の仕事に、(原画から伝わる)絵の発想や考え方が役に立ってほしい。それが僕の密かな野望でした。まあ、しゃべっちゃいましたけど」と冗談めかしながら告白した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >