2018/06/22 00:00

「万引き家族」是枝裕和監督、安藤サクラの身に起こった“反射”に心躍らす

ティーチインに臨んだ是枝裕和監督
ティーチインに臨んだ是枝裕和監督

 [映画.com ニュース] 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞となるパルムドールを受賞した是枝裕和監督が6月21日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた「万引き家族」(公開中)のティーチインイベントに登壇した。

 12日に興行収入10億円を突破、14日には観客動員が100万人を超えた今作。現在は全国325館(330スクリーン)で公開されており、20日までの累計動員は171万6051人、興収は早くも20億8933万7400円を記録している。そして希望が殺到していた英語字幕版の上映が、23日から新宿バルト9でスタートすることが決定。この日のイベントの前には、いち早く英語字幕版をがお披露目され、観客のなかには外国人の姿も多く見受けられた。

 「新作が公開されるたびに、ティーチインを劇場でやることにしている」という是枝監督は「国内と海外、それぞれのオーディエンスの印象は?」と問われると「受け取っていただく感覚は、どちちも変わらないと思っている」と回答。「歩いても 歩いても」「海よりもまだ深く」といったある種“ドメスティック”な過去作を例に出し「そういう作品でも、色々な齟齬はあるんでしょうけど、20年やってきて、軸はぶれずに伝わっているという実感を持っている。『超えられる』という確信を持って、作っています」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >