2018/06/22 09:00

新進監督が手がけたVR映画「ブルーサーマルVR」7月5日から公開

VR映画で空を飛ぶグライダー体験 (C)小沢かな・新潮社/埼玉県/ SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
VR映画で空を飛ぶグライダー体験 (C)小沢かな・新潮社/埼玉県/ SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ

 [映画.com ニュース] 新たな映像表現として注目を集めるVR(バーチャル・リアリティ)で楽しむ映画「ブルーサーマルVR はじまりの空」が、7月5日から公開されることが決定し、ポスタービジュアルと特報映像がお披露目された。

 長編映画「カメラを止めるな!」(6月23日公開)で脚光を浴びる上田慎一郎監督が、小沢かな氏の青春漫画「ブルーサーマル 青凪大学体育会航空部」をベースに、オリジナルストーリーで描いた約12分の実写VRコンテンツ。5月にフランスで開催されたカンヌ国際映画祭の併設見本市で、次世代コンテンツを扱うブース「NEXT」に日本のVR作品としてはじめて出品された作品だ。

 本作は、エンジンもプロペラもなく、風と翼のみで空を飛ぶ航空機「グライダー」に青春の全てを捧げる若者たちの物語。青凪大学の新入生である主人公の“私”は、グライダーに乗って空を飛ぶ「航空部」の雑用係として働くことになるが、やがて初フライトのチャンスが訪れるという内容だ。小野花梨、水石亜飛夢、田中偉登が出演。「彩の国ビジュアルプラザ」の人材育成プログラムの一環として制作され、埼玉県熊谷市で撮影が行われた。予告編(https://youtu.be/3JWN2sskHWo)では、滑空するグライダーのコックピットからの眺望が楽しめる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >