2018/06/22 11:00

マーベル社長、女性監督の積極的起用を約束

ケビン・ファイギ社長 写真:アフロ
ケビン・ファイギ社長 写真:アフロ

 [映画.com ニュース] マーベル・スタジオのケビン・ファイギ社長が、マーベル作品に女性監督を積極的に起用することを約束したと、米バラエティが報じている。

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では、通算19本目となる最新作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」まですべて男性監督がメガホンをとっている。しかし、来年公開の「キャプテン・マーベル(原題)」は、「ワイルド・ギャンブル」のライアン・フレックとアンナ・ボーデンの監督コンビが担当。共同メガホンの1人ではあるものの、初めて女性がMCU作品の監督としてクレジットされることになった。

 パラマウント・スタジオで行われた米製作者協会(PGA)取材のセミナー「Produced By Conference」にゲストとして登壇したファイギ社長はこのほど、質疑応答で今後も女性監督を起用する予定はあるのかという質問を受けた。すると、「今後のマーベル作品20本がすべて女性監督になるとは約束できないが、かなりの数にはなるはずだ」と返答すると、会場で拍手喝采が起きた。

 同スタジオは、主要キャストをほぼ黒人俳優で固めたアメコミ映画「ブラックパンサー」を製作し、世界累計興行収入13億ドルという大ヒットを記録している。ファイギ社長は、「あの映画で黒人映画は世界でヒットしないという迷信を壊す必要がありました。無意識の偏見は大きな問題ですから」と語っている。マーベルは今後もマイノリティの声を取り入れ、多様性のある物語を発信していくつもりだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >