2018/06/22 17:00

ケイト・ウィンスレットが出演を決めた理由とは?「女と男の観覧車」インタビュー映像公開

ウッディ・アレン監督との 初タッグ作で名演を披露 Photo by Jessica Miglio (C)2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
ウッディ・アレン監督との 初タッグ作で名演を披露 Photo by Jessica Miglio (C)2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

 [映画.com ニュース] 「愛を読むひと」のアカデミー賞女優ケイト・ウィンスレットが名匠ウッディ・アレンと初タッグを組んだ「女と男の観覧車」について語った、7分間におよぶインタビュー映像が公開された。

 1950年代、米ニューヨーク・コニーアイランドの遊園地を舞台に、劇作家志望の青年(ジャスティン・ティンバーレイク)におぼれる人妻の姿が描かれる。ウィンスレットは遊園地のウェイトレスとして働く元女優のジニーに扮し、再婚同士の夫(ジム・ベルーシ)の音信不通だった娘(ジュノー・テンプル)が現れたことから、徐々に人生を狂わせていくヒロインを演じ切っている。

 夫役のベルーシとインタビューに応じているウィンスレットは、アレン監督作への出演を決めた理由は「それはすべてよ」と言い切る。「本当に。だって私は今まで42年間生きてきたけど、子どもの頃に見た映画で一番覚えているのは彼の作品よ。『ダウンタウン物語』や『グリース』よりね。つまり、彼は私にとって何というか、私が影響を受けた映画の原体験と言っていいと思うの」と自身への影響力を明かし、「だから“アレンからオファーだ”と電話がきて“本当に?”って感じだったの。あの時はものすごく感激したわ」と振り返っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >