2018/06/22 19:00

上海映画祭で満席!「猫は抱くもの」犬童監督&沢尻エリカ、ファン1200人を前に感慨

中国のファンクラブ会員も多数集結
中国のファンクラブ会員も多数集結

 [映画.com ニュース] 「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「グーグーだって猫である」で知られる犬童一心監督と「ヘルタースケルター」の沢尻エリカが、初タッグを組んだ「猫は抱くもの」を携え、現在開催中の第21回上海国際映画祭に参加した。

 「猫弁」シリーズで知られる大山淳子氏の同名小説を映画化した本作は、なりたい自分になれず、くすぶっている30代の女性・大石沙織(沢尻)と、自分を人間だと思い込んでいる猫を中心にした物語。「銀魂」シリーズの吉沢亮と音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイが擬人化した猫を演じ、舞台風の映像やアニメーション、ミュージカルも混ぜ、人間と猫の温かな絆をファンタジックに描く。

 同映画祭の長編劇映画コンペティション部門に、日本映画として唯一選出されている本作。犬童監督と沢尻は、満席となった約1200人の観客に向けた舞台挨拶や、メディアの数としては50を超える報道陣が詰め掛けた記者会見に臨み、作品への思いを語った。会場には沢尻の中国におけるファンクラブ「沢尻会」の会員も多数詰め掛け、中には5時間かけて会場にやってきた猛者もいたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >