2018/06/22 23:50

F・オゾン監督が5年ぶりに来日、最新作「2重螺旋の恋人」テーマは「性の不満足」

フランソワ・オゾン監督
フランソワ・オゾン監督

 [映画.com ニュース] 横浜市で開催中の「フランス映画祭2018」で、フランソワ・オゾン監督の最新作「2重螺旋の恋人」が6月22日、イオンシネマみなとみらいで上映され、5年ぶりに来日したオゾン監督がティーチインを行った。

 映画は、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を基に、性格が正反対な双子の精神分析医と禁断の関係にのめり込んでいく女性の姿を、官能的に描き出した心理サスペンス。ヒロインのクロエを「17歳」のマリーヌ・バクト、双子の精神科医をジェレミー・レニエが演じる。

 女性のセクシャリティの問題を扱う今作について、「この映画でのセクシャリティについてのテーマは、不満足。クロエは、ポールとの間に愛情はあっても妄想が満たされていないので、彼女はほかのものが必要です。こういった二面性は誰にでもあると思います。私が描きたかったのはセックスという性の問題と愛情という心の問題の乖離。日本人はこのような問題を解決するのが、フランス人よりも長けているのではないでしょうか」と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >