2018/06/23 18:22

沢尻エリカの瞳に涙… 6年ぶり主演映画が公開「自分の人生で大切な作品」

 [映画.com ニュース] 沢尻エリカが約6年ぶりの映画主演を果たした「猫は抱くもの」が6月23日、全国69スクリーンで公開初日を迎え、沢尻をはじめ共演の吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、メガホンをとった犬童一心監督が東京・新宿ピカデリーでの舞台挨拶に出席した。

 元アイドルで“アラサー”の沙織(沢尻)と、自分を人間だと信じ込んでいるロシアンブルーのオス猫・良男(吉沢)の日常を描く。この日は、翌24日に58歳の誕生日を迎える犬童監督に対し、バースデーケーキがサプライズプレゼント。キャスト・観客が合唱するバースデーソングがおくられると、犬童監督は「年をとるとあまり誕生日が嬉しくなくなるんですが、沢尻さんたちに祝ってもらえるなら最高に嬉しいです。これを思い出に、余生を過ごせたらなあ」と何度も頭を下げていた。

 サプライズの演出はこれだけにとどまらず、犬童監督から沢尻へ、感謝の手紙が寄せられた。作品をけん引した「女性としての強さ」と、その「嘘みたいにかわいい笑顔」を称える温かいメッセージに、しんみり聞き入っていた沢尻は「みんなが『良いものを作ろう』というひとつの思い、役割を持って作り上げた現場。すごく良い時間を、監督と過ごさせていただきました」と声を詰まらせ、「自分の人生のなかで大切な作品になりました」と瞳をうるませる。犬童監督は「もっと映画に出てよ。沢尻さんは、みんなで何かをすることが、基本的に好きだよね。そういうことがよくわかった」と期待を込め、峯田も「こんなに幸福な現場、ないですよ」と現場の心地いい雰囲気に思いを馳せていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >