2018/06/25 11:00

ロアルド・ダール「魔女がいっぱい」、ロバート・ゼメキス監督が映画化

久々にファミリー向け映画のメガホンとなるか? 写真:Press Association/アフロ
久々にファミリー向け映画のメガホンとなるか? 写真:Press Association/アフロ

 [映画.com ニュース] 英児童文学作家ロアルド・ダールの名著「魔女がいっぱい(原題:The Witches)」を、ロバート・ゼメキス監督が映画化することになりそうだと、米バラエティが報じている。

 1973年に発表された同著は、7歳の少年が本物の魔女たちと遭遇するという物語で、米ワーナー・ブラザースが90年にアンジェリカ・ヒューストン主演で「ジム・ヘンソンのウィッチズ」(ニコラス・ローグ監督)として映画化している。現在、新たに映画化を企画しているワーナーは、ゼメキス監督に原作に近い映画化をオーダーしているという。

 ゼメキス監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズをはじめ、「ロジャー・ラビット」「フォレスト・ガンプ 一期一会」「キャスト・アウェイ」などの大ヒット映画を連発していたが、近年は「フライト」「ザ・ウォーク」「マリアンヌ」と大人向きの映画を優先している。現在はスティーブ・カレル主演「Welcone to Marwen(原題)」の仕上げに取り掛かっているゼメキス監督が、今作を手がけることになれば、久々のファミリー向け映画となる。

 児童文学の巨匠として知られるダールの著書の映画化作品としては、「チャーリーとチョコレート工場」をはじめ「ジャイアント・ピーチ」「マチルダ」「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」などが挙げられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >