2018/06/26 17:05

池松壮亮、主演作「君が君で君だ」を珍アピール「やばい人たちのテラスハウス」

舞台挨拶を盛り上げた 池松壮亮、満島真之介、大倉孝二
舞台挨拶を盛り上げた 池松壮亮、満島真之介、大倉孝二

 [映画.com ニュース] 恋する女性の“好きな人”に10年間もなりきった男たちを描く異色の恋愛映画「君が君で君だ」の完成披露試写会が6月26日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の池松壮亮をはじめ共演の満島真之介、大倉孝二、高杉真宙、向井理、YOU、原作・脚本・監督を務めた松居大悟監督が舞台挨拶に立った。

 「私たちのハァハァ」「アズミ・ハルコは行方不明」などで知られる松居監督のオリジナル作品。池松、満島、大倉が演じる3人の男が思いを寄せるヒロイン(キム・コッピ)は、伝説の歌手・尾崎豊、ハリウッド俳優ブラッド・ピット、日本の歴史を大きく変えた坂本龍馬が大好きな女の子。男たちは容姿も人格も“好きな人”になりきったほか、自らの名前すら捨て去り、10年間彼女を見守り続けるが、やがてその恋路に大きな変化が訪れる。

 中国で開催された、第21回上海国際映画祭でも上映された今作。現地入りした池松は「偉い人から帰り際に『こんな映画上映するな』って文句言われたみたいで。日本でも、公開前に打ち切りにならないか心配ですね」とぶっちゃけ、松居監督も「ちょっと『変態が過ぎる』と言われまして」と苦笑い。そして池松は、「人生の変化を望んでいる人に、個人的には見てほしい」としたうえで、「変な映画です。狂った純愛映画です。やばい人たちの『テラスハウス』のような映画です」と珍アピールで締めくくっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >