2018/06/26 21:17

蒔田彩珠、謎の存在“夢男”にビビりまくる南沙良は「可愛かった」

 [映画.com ニュース]漫画家・押見修造氏のコミックを実写映画化した「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」のプレミア上映が6月26日、東京・新宿武蔵野館で行われ、ダブル主演を務めた南沙良と蒔田彩珠、共演の萩原利久、湯浅弘章監督が、上映前の舞台挨拶に出席した。

 押見氏が実体験を基に執筆した原作漫画を、長編商業映画デビューを果たした湯浅監督のメガホン、「百円の恋」の足立紳による脚本で映画化。上手く言葉を話せないことに引け目を感じ、周囲となじめずにいる高校1年生・志乃(南)と、音楽好きだが音痴な同級生・加代(蒔田)が出会い、バンド結成をきっかけにコンプレックスや自分のあるべき姿に向き合っていく。

 「幼な子われらに生まれ」での好演が記憶に新しい南は、本作の現場を心から楽しんでいたようだ。共演者やスタッフたちとの笑いの絶えないひと時はもちろんのこと、「ご飯がすごく美味しくて。口するもの全部が美味しく感じる時期だったんでしょうね。顔がまん丸になってしまった(笑)」と振り返った。「三度目の殺人」「万引き家族」といった是枝裕和監督作品に出演してきた蒔田は「最後の方に泊まったホテルで金縛りにあってしまったんです。次の日、マネージャーさんに話をしたら『(何かが)いたね』と。それが一番怖いエピソード」と思いがけない恐怖体験を明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >