2018/06/27 14:00

MCU初のバディムービー「アントマン&ワスプ」をポール・ラッド自画自賛

ポール・ラッド&エバンジェリン・リリーらが出席 (C) Marvel Studios 2018
ポール・ラッド&エバンジェリン・リリーらが出席 (C) Marvel Studios 2018

 [映画.com ニュース] マーベル・スタジオの新作「アントマン&ワスプ」のワールドプレミアが6月25日(現地時間)、米ロサンゼルスのTCLチャイニーズ・シアターで開催され、アントマン役のポール・ラッドをはじめ、ワスプ役のエバンジェリン・リリーらがレッドカーペットに登場した。

 体長1.5センチになれるスーツで活躍する「アントマン」(12)の続編にして、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)20作目。MCU初のバディムービーとなっており、アントマンスーツの開発者ハンク・ピム博士の娘ホープ・ヴァン・ダインが同じく体のサイズを自由自在に操れるスーツで“ワスプ”となり、アントマンことスコット・ラングの相棒として、あらゆるものをすり抜ける神出鬼没の敵ゴーストから驚異の技術を守るために戦う。

 前作に続き「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」でもアントマンを演じたラッドは、本作について「とにかくビジュアルがものすごいし面白い。もちろんマーベルファンにも、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』を見た人にも、大きな発見があると思うよ」と自画自賛。本作でワスプとして活躍するリリーは、シルバーのスタイリッシュなドレスで登場。「2人は“陰と陽”とでもいうような正反対の関係で、たまにぶつかりあったりもする。賢くて鋭いワスプに対して、感情的で、ドジばかりふんでしまうスコットがちょっとかわいい。そんな2人の微妙な関係がとてもいい感じなの」と、ヒーローコンビの魅力を語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >