2018/06/27 17:00

東出昌大、三島由紀夫原作「豊饒の海」に主演!3年ぶり2作目の舞台「最大の試練になる」

“究極の小説”を舞台化
“究極の小説”を舞台化

 [映画.com ニュース] 日本文学の金字塔・三島由紀夫による小説「豊饒の海」が舞台化され、東出昌大が主演することがわかった。東出にとって、舞台出演は約3年ぶり2作目。「思春期より三島由紀夫の虜になり、その作品の多くを読んできた私は、『豊饒の海』の舞台化を聞き震えました。役者になって最大の試練になると思います。持てる全てを注ぎ込みます。三島世界の再現を、楽しみに待っていて下さい」と気迫のこもったコメントを寄せている。

 「豊饒の海」は約6年の歳月を費やし執筆され、完成直後の1970年11月25日、三島は陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地にて割腹自殺を遂げる。第1部「春の雪」、第2部「奔馬」、第3部「暁の寺」、第4部「天人五衰」という全4冊で構成され、三島が最後に目指した“究極の小説”とされる本作を大胆翻案し、史上初めて一舞台作品として創出する。

 物語は、松枝清顕という20歳の男が、第1部「春の雪」で「又、会ふぜ。きつと会ふ。滝の下で」という言葉を残し命を落とすことから始まる。以降の第4部まで、清顕は3度にわたって輪廻。本多繁邦という男が、彼の影と美に取り憑かれ、執着し続ける様子を描いている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >