2018/06/28 17:00

往年の大スター、有馬稲子が語る“残酷の映画史”

 [映画.com ニュース] 小津安二郎監督の「東京暮色」(1957)や「彼岸花」(58)、元夫の故萬屋錦之介さんと共演した「浪花の恋の物語」(59)などで知られる女優・有馬稲子が6月28日、映画人生を語った「有馬稲子 わが愛と残酷の映画史」(筑摩書房、樋口尚文共著)を出版した。日本映画の黄金期だった1950年代に小津、内田吐夢、今井正、小林正樹といった巨匠と仕事をした“スタア女優”が語る映画界の“残酷”とは……。(取材・撮影/平辻哲也)

 有馬は今年4月で86歳。戦時中は韓国・釜山で過ごし、引揚船で下関へ。その後は宝塚歌劇団を経て、51年、「寳塚夫人」で映画デビューし、70本以上の映画に出演した。映画界が斜陽化する中、演劇に活動の舞台を移し、テレビにも多数出演。最近では倉本聰氏が手がけたテレビ朝日系昼の帯ドラマ「やすらぎの郷」での演技も印象深い。同書では、映画評論家の樋口氏のインタビューに応える形で、黄金期に出会った巨匠監督や共演者の秘話や自身の私生活について語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >