2018/06/29 09:00

バンクシー、パリを「電撃攻撃」 フランス5月革命へのオマージュか

「MAI 1968」はフランス5月革命の意味
「MAI 1968」はフランス5月革命の意味

 [映画.com ニュース] イギリスの覆面アーティスト、バンクシーが、仏パリで難民問題を題材にした新作グラフィティを次々と制作しているが、これらの作品には1968年のフランス5月革命へとオマージュという側面があるようだ。

 パリでは、国連が定めた“世界難民の日”にあたる6月20日頃(現地時間)から、難民をテーマにした複数のグラフィティが発見されている。なかでも難民が路上生活している道路の壁に描かれた、黒人の少女が逆カギ十字の上にピンクのアラベスク模様のスプレーしている作品は、海外メディアでも数多くとりあげられた。

 バンクシーは、自身のInstagramアカウントでパリでの新作の一部を紹介しており、口元を布で覆ったネズミがカッターナイフを抱えたグラフィティの写真には、「1968年にパリで反乱が起きてから50年。現代のステンシルアートはこの地で誕生した」というコメントともに投稿。ほかにも、フランス5月革命で学生と警察が衝突したソルボンヌ大学構内では、赤いリボンを頭に乗せたネズミと「MAI 1968」の文字を組み合わせたグラフィティが発見されており、フランス5月革命を意識していることは間違いなさそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >