2018/06/29 11:00

米古生物学者が選ぶ恐竜映画ベスト10

恐竜映画ベスト10を発表 (C)Universal Pictures
恐竜映画ベスト10を発表 (C)Universal Pictures

 [映画.com ニュース] 大ヒットシリーズ最新作「ジュラシック・ワールド 炎の王国」の全米公開を記念し、米エンターテインメント・ウィークリー誌が米古生物学者の選ぶ恐竜映画ベスト10を発表した。

 英BBCのネイチャー専門チャンネルBBC Earthでコンサルタントを務め、アニメ映画「ウォーキングwithダイナソー」(2013)を監修したスティーブ・ブルサッテ氏は、恐竜の解剖学と進化を専門とする古生物学者として知られている。このほど、新刊「The Rise and Fall of the Dinosaurs」を上梓したこともあり、恐竜を描いた映画ベスト10を発表した。

 第1位に輝いたのは「ジュラシック・パーク」(93)で、「最初にCGを用いた映画のひとつであり、それまで人々が見たことのない恐竜を描いてみせた」と説明。同シリーズの通算4作目にあたる「ジュラシック・ワールド」(15)が2位、自身がコンサルタントを務めた「ウォーキングwithダイナソー」を3位にあげている。

 古生物学者スティーブ・ブルサッテ氏が選ぶ恐竜映画ベスト10は以下の通り。

「ジュラシック・パーク」
「ジュラシック・ワールド」
「ウォーキングwithダイナソー」
「リトルフットの大冒険 謎の恐竜大陸」
「キング・コング」
「ファンタジア」
「ダイナソー」
「アーロと少年」
「恐竜100万年」
「ジュラシック・パークIII」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >