2018/06/30 10:00

M・キートンが明かす「アメリカン・アサシン」と「スパイダーマン」のトレーニングの違い

バットマンを演じた名優が アメコミ映画との違いを力説 (C) 2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
バットマンを演じた名優が アメコミ映画との違いを力説 (C) 2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 「メイズ・ランナー」シリーズのディラン・オブライエンが型破りなCIAエージェントを演じるスパイアクション「アメリカン・アサシン」(公開中)から、新たなインタビュー映像が公開された。主人公ミッチを鍛え上げる鬼教官を演じたマイケル・キートンが、自身が悪役として出演した「スパイダーマン ホームカミング」との違いを語る内容となっている。

 キートンは、「全く異質の作品だ。本作は特殊効果が少なく現実的で生々しい作品だ。生身の人間がぶつかり合い、CGIを駆使したマーベル作品とは違う世界だ。アメコミ作品の特殊効果技術には目を見張るし、とても興味深いと思う。だが、本作とは全く別物だ」と、「アメリカン・アサシン」がリアルなアクションを追求した作品であることを強調。撮影に挑む上で行われた事前の訓練についても、「全く異なるトレーニングだったね。かなりの量だったが常識の範囲内だった。特殊な動きを覚えるよりも肝心な点は、アクションに現実感を持たせることだった。“やられる前にやっつけろ”だ」と続けている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >