2018/07/03 16:30

【全米映画ランキング】「ジュラシック・ワールド 炎の王国」がV2 「ボーダーライン」続編は3位デビュー

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」がV2 (C)Universal Pictures
「ジュラシック・ワールド 炎の王国」がV2 (C)Universal Pictures

 [映画.com ニュース]独立記念日前の週末を迎えた全米ボックスオフィス。先週末は3本の新作がトップ10に入るも、前週大ヒットスタートを切った「ジュラシック・ワールド 炎の王国」が約6000万ドルの興収で首位を守り、V2を果たした。

 同作の10日間の累計は約2億6480万ドル。最終興収約6億5200万ドルをあげた前作「ジュラシック・ワールド」を超えるのは難しいが、4億ドル超えの可能性は十分にある。

 約4550万ドルの興収で2位に入ったのはディズニー/ピクサーの「インクレディブル・ファミリー」。累計は約4億3970万ドルとなり、アニメーションの興収歴代首位の「ファインディング・ドリー」(16年/約4億8630万ドル)を超えるのはほぼ間違いなさそうだ。

 約1900万ドルのオープニング興収で3位デビューとなったのはベニチオ・デル・トロ&ジョシュ・ブローリン主演による犯罪スリラー「Sicario: Day of the Soldado」。同作はエミリー・ブラント主演、ドゥニ・ビルヌーブ監督でスマッシュヒットを記録した「ボーダーライン」(15)の続編。米カンザス州で起きたテロ事件をきっかけにチームを組むことになったCIAのマット・グレーバー(ブローリン)とアレハンドロ・ギリック(デル・トロ)が、メキシコの麻薬カルテル撲滅作戦を遂行するなかでカルテルのリーダーの娘を巡り対立することになり……。レビューはまずまずで業界の予想を上回るスタートとなった。共演にイザベラ・モナー、キャサリン・キーナー、ジェフリー・ドノバン、マシュー・モディーン。脚本は前作同様テイラー・シェリダン。ビルヌーブに代わりメガホンをとったのはイタリアのセルジオ・ソッリマ監督の息子で「暗黒街」やTVシリーズ「Gomorrah」を手がけたステファノ・ソッリマ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >