2018/07/04 04:00

榮倉奈々、実写「この世界の片隅に」に出演決定! 新星・古舘佑太郎と恋仲に

現代と過去をつなぐ重要なキャラに挑戦! (C)TBS
現代と過去をつなぐ重要なキャラに挑戦! (C)TBS

 [映画.com ニュース] 女優の榮倉奈々が、こうの史代氏の漫画をTBSがドラマ化する「この世界の片隅に」に出演していることがわかった。TBS連続ドラマへのレギュラー出演は2年ぶりとなる榮倉は、ドラマ版のオリジナルキャラクターとなる現代に生きる女性・近江佳代役に挑戦。また、若手俳優・古舘佑太郎が、佳代の恋人・江口浩輔役として登場することもわかった。

 第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロイン・すずと、彼女を取り巻く人々の日常を描く。松本穂香がすず、松坂桃李が夫となる北條周作を演じ、演出を「カルテット」「重版出来!」の土井裕泰、脚本をNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」「ひよっこ」の岡田惠和、音楽を巨匠・久石譲が務めている。

 本作は“時代劇”ではなく”現代劇”とするために、2018年の現代で悩み、喜び、生きる人々もドラマのオリジナル要素として描いていく。榮倉扮する佳代は、18年の夏に東京から呉市の「北條」という表札のある古民家を訪れた人物で、現代と過去をつなぐ重要なキャラクターだ。「脚本を読ませていただいたとき、いろいろな感情が起こったのですが、中でも浄化されたような気分になったことがとても印象的でした」と語った榮倉は、「不便な時代ではあったと思うのですが、その中で生きている人たちがみんな伸び伸びしていて…環境も時代も違ったとしても、そういう心を忘れたくないなと思いました」と思いの丈を述べている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >