2018/07/04 18:20

清水尋也、東京証券取引所での会見は「気分“上場”」 早見あかりは投資家宣言?

気分“上場”
気分“上場”

 [映画.com ニュース] 「ドラゴン桜」で知られる三田紀房氏の人気漫画をテレビ東京でドラマ化する「インベスターZ」の会見が7月4日、東京証券取引所で行われ、連続ドラマ初主演を飾った清水尋也、共演の早見あかり、柾木玲弥、柳美稀、岩井拳士朗、工藤綾乃が出席した。

 全国屈指の進学校だが入学金・授業料が無料の道塾学園は、学年トップの生徒たちがひそかに投資で金儲けし、そこで得た利益が学園の運営資金になっていた。そんな道塾学園にトップの成績で入学してきた高校1年生の財前孝史(清水)も、学園のしきたりによって強引に投資部に入部させられるが、次第に投資の世界にのめりこんでいく。

 会見の前には、同施設内にあるマーケットセンターを見学し、株式投資体験に興じた清水らは「僕の語彙力で表すとするならば、(施設内は)頭の良い匂いがした(笑)。堅苦しいイメージがあったので、株式体験コーナーみたいなものがあったのは意外でした」(清水)、「ここにいる人全員頭よさそうに見えましたね。厳かな空気が流れている」(早見)と胸中を吐露。原作者の三田氏も加わり、ドラマの成功を祈念して「上場の鐘」を1打ずつ鳴らすと、清水は「滅多に叩けないものだったので、一言で言えば、気分“上場”。おあとがよろしいようで」と発言し、歓声を浴びていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >