2018/07/05 16:00

「イメージフォーラム・フェスティバル2018」上映作品決定 ケイト・ブランシェットが1人13役に挑む作品も

ケイト・ブランシェットが 1人13役に挑む「マニフェスト」 (C)Julien Rosefeldt and VG Bild-Kunst
ケイト・ブランシェットが 1人13役に挑む「マニフェスト」 (C)Julien Rosefeldt and VG Bild-Kunst

 [映画.com ニュース]映像アートの祭典「イメージフォーラム・フェスティバル2018」の全プログラムが決定した。8月4日から、長短編合わせて103本の作品を上映する。オープニング作品はチェコの鬼才ヤン・シュバンクマイエルが、「ロボット」のカレル・チャペックの戯曲をベースにした新作長編「蟲」。

 1987年にスタートし今年32回目の開催となる日本最大規模の映像祭。今年は「ヴォイセズ」というテーマで、地域・性別・政治的信条・経済状況など、様々な状態に生きる多様な個人の存在証明としての“声”にフォーカスする。これまで国内からの応募を対象としていた一般公募部門を、中国、韓国、台湾からの応募も対象に加えた「東アジア・エクスペリメンタル・コンペティション」と「エクスペリメンタル・パノラマ」「フィルム・メーカーズ・イン・フォーカス」の3部門で構成される。

 「東アジア・エクスペリメンタル・コンペティション」では、451の応募作品から、ノミネート選出された23作品が上映される。「エクスペリメンタル・パノラマ」では、ケイト・ブランシェットが、20世紀を代表するアート宣言へのオマージュとして、パンクロッカー、ホームレスなど1人13役に挑む「マニフェスト」など、世界の映画祭や美術展で話題の映像作品を紹介し、「フィルム・メーカーズ・イン・フォーカス」では、映画・演劇・美術・テレビ・政治活動など縦横無尽に活躍したアーティスト、クリストフ・シュリンゲンジーフを特集する。また、写真家・山崎博の映像作品を集めた追悼特集プログラム、オーストリア・アバンギャルド映画の巨匠クルト・クレンにもスポットを当てる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >