2018/07/05 18:00

欠点こそが真実!「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」夫婦監督が追求する“人間味”

夫婦で監督行を行う利点とは? (C)2018 Twentieth Century Fox
夫婦で監督行を行う利点とは? (C)2018 Twentieth Century Fox

 [映画.com ニュース] 「リトル・ミス・サンシャイン」「ルビー・スパークス」という映画ファンの人気作を手がけてきたバレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン監督夫婦が、「ラ・ラ・ランド」のアカデミー賞女優エマ・ストーンと組んだ「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」を携えて来日。「あらゆる映画の要素が詰まっている」という本作に込めた思いについて、存分に語った。

 ストーンと「30年後の同窓会」が公開中のスティーブ・カレルが実在のテニス選手を演じた本作。1973年に世界的な注目を集めた「テニスの男女対抗試合」を題材に、29歳・現役世界チャンピオンの女性テニス選手ビリー・ジーン・キング(ストーン)と、元チャンピオンである55歳の男性選手ボビー・リッグス(カレル)の対決を描く。製作を次期「007」の監督を務めるダニー・ボイル、脚本をボイル監督と「スラムドッグ$ミリオネア」で組んだサイモン・ビューフォイが担当している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >