2018/07/05 19:00

豊橋・手筒花火が夜空を黄金に照らす!「ピース・ニッポン」本編映像披露

人力で竹筒を支える吹上式の手筒花火 (C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC
人力で竹筒を支える吹上式の手筒花火 (C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC

 [映画.com ニュース] 約8年間にわたり全国47都道府県・200カ所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化した「ピース・ニッポン」の本編映像が、このほどお披露目された。愛知県豊橋市が発祥の地とされる伝統芸「手筒花火」をとらえている。

 映画は、数年間に1度しか出合えない風景をカメラに収め、神道と仏教が混交する精神・自然観にフォーカスする「日本の精神」、豊かな気候風土が変化を生み出す「日本の四季」、そして奇跡の絶景を紡いでいく「一期一会の旅」という約111分間の3部構成。小泉今日子&東出昌大がナビゲーター、中野裕之が監督を務めている。

 「手筒花火」は、鉄粉入りの黒色火薬が詰まった、直径10cm、長さ1mほどの竹筒を人が支える吹上式の花火。10数mにも及ぶ巨大な炎の柱を噴出させ、終わりに「ハネ」と呼ばれる炎が轟音とともに足元に吹き出す。「手筒花火」の原型は、情報の伝達手段である“狼煙”と言われており、五穀豊穣、無病息災、家運隆盛、武運長久を祈る奉納行事として、豊橋市内の数多くの祭礼で打ち上げられている。豊橋市内の吉田神社に残っている文章によれば、1560年から続いており、火薬の仕込み、詰め込みから打ち上げまで、全て同じ人間が行うことが伝統になっている。

 お披露目された本編映像は、豊橋市の祭り「炎の祭典」で披露された「手筒花火」を活写。20人以上の人々が支える竹筒からは、10mを超える黄金の炎の柱。夏の夜空を煌々と照らす光景は、圧巻の一言だ。映画本編では、同映像が見られるだけでなく、川床を設置して打ち上げられる飛騨高山の「手筒花火」も収められている。

 「ピース・ニッポン」は、7月14日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >