2018/07/05 21:20

黒木瞳、七夕の願いは「相撲が強くなりたい」 意外な告白に場内爆笑

意外な告白に場内爆笑
意外な告白に場内爆笑

 [映画.com ニュース] アニメーション映画として全米歴代最高記録のオープニングを飾ったディズニー/ピクサーの最新作「インクレディブル・ファミリー」の日本版完成披露イベントが7月5日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、日本版声優を務めた三浦友和(ボブ/Mr.インクレディブル役)、黒木瞳(へレン/イラスティガール役)、山崎智史(ダッシュ役)が舞台挨拶に出席した。

 第77回米アカデミー賞で長編アニメーション賞と音響編集賞に輝いた「Mr.インクレディブル」(2004)の続編。ヒーロー活動をすることになった妻へレンに代わって、家事と育児を担当することになった夫ボブが、息子ジャック・ジャックの世話に奮闘する姿を描く。

 約14年ぶりにボブの声を務めた三浦は、「(続編は)もうないのかなと思っていたら、実現した。声優も替わるかと思っていたらまたオファーを頂いて、大変嬉しかったです。声もいろいろ変わってきているのではと思いながら、頑張りました」と明かしつつ、「すごく簡単に言うと、壮大なホームドラマ。スーパーパワーを抜かせば、どこの家庭でも起こりうることを物語をしています」とアピール。へレン役の黒木も「14年ぶりにイラスティガールとして立てて、すっごく嬉しかった」と晴れやかな笑顔を見せ、「パート1(のラスト)から3時間しか経っていないところから、物語が始まります。末の息子ジャック・ジャックの新しいパワーも必見です」と呼びかけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >