2018/07/06 16:00

美女の復讐譚「REVENGE」監督、「屈辱を強いられた女性が自らの手で晴らす物語」

コラリー・ファルジャ監督
コラリー・ファルジャ監督

 [映画.com ニュース]フランスの若手女性監督コラリー・ファルジャの長編映画デビュー作「REVENGE リベンジ」が7月7日公開する。男たちにひどい扱いを受けたヒロインが、彼らに復讐する姿を血みどろのバイオレンス描写とスタイリッシュな映像で活写したリベンジスリラーだ。若いころから数多くのジャンル映画に親しみ、影響を受けてきたというファルジャ監督に話を聞いた。

 若きセレブのリチャードと不倫関係にあるジェニファーは、砂漠地帯に建つリチャードの豪華な別荘を訪れる。しかし、そこでリチャードの狩猟仲間の男たちにレイプされた挙句に、口封じのため崖の下へと突き落とされてしまう。なんとか一命は取り留めたものの、とどめを刺すため人間狩りを始めた男たちに対し、ジェニファーは復讐を開始する。

 「自分はジャンル映画が好きだったので、ジャンル映画で自分がどのような問題意識を与えられるか、という挑戦でした。ビジュアル的に強い世界を作りながら、その中で自分のメッセージを伝えたかったのです。男性が女性のために復讐する作品はよくありますが、私はそういうものではなく、屈辱を強いられた女性が、自分の手で、その屈辱を晴らす物語を作りました。そのためにはジャンル映画の慣習、あるいはリアルな社会の慣習にとらわれずに、究極の形で、女性が自分の復讐をどのように遂げていくかが大事でした」と初監督作の題材について明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >